So-net無料ブログ作成

惑星二ビルの地球大接近と2012年地球滅亡説 [宇宙]

惑星二ビルが地球に大接近して衝突するかもしれないという話があります。それと2012年に地球滅亡説との関連性が話題となっています。

そもそも惑星二ビルとは何かですが、太陽系にある惑星で太陽から最も遠い冥王星からさらに遠い惑星Xが実は存在しそれが惑星二ビルだという説を唱える人たちがいます。

nibiru.jpg

ニビルの大きさは、地球の4~5倍。 質量は20~25倍、密度は100倍! 約3600年周期で、太陽の周りを回り、太陽系の惑星とは全く異なり、極端な楕円を描いているということです。

nibiru2.jpg

でこの惑星二ビルが2012年の12月ごろに地球に大接近するということが世界各国で報じられているそうです。

惑星二ビルは非常に大きく質量の大きい惑星なので、地球に接近することによって大きな影響を与えるそうです。

巨大惑星が接近し、太陽の活動が激しく活発化すると、大量の電磁波を放出。 これにより、通信衛星の機能が破壊され、全ての情報網が遮断。 世界中が大混乱になる恐れが!

 さらに 惑星が地球に接近すると、地球は、本来の軌道を乱され、惑星の引き連れる隕石群に突入。 これにより、世界中の都市で、隕石が降り注ぐことになる。

 また地球に降り注ぐ宇宙線によって、マグマに気泡が発生。 炭酸が吹き出すように、火山の噴火を引き起こすという! そして、世界中に存在する、活火山が次々に噴火!! その火山灰は大気を覆い、太陽光を遮断。 最悪の場合、氷河期が訪れる可能性もあると指摘する人もいます。

 さらに、ニビルがもたらす太陽への影響で、世界各地で未曾有の巨大地震が人々を襲う。 マグニチュード9以上の地震が多発し、建物崩壊。 沿岸部は巨大な津波に飲み込まれてしまう。


などなどという実に恐ろしい影響を指摘しています。

参考映像


2012年といえばマヤ暦で12月の途中で暦が止まっていることから世界の終わりが来るのではという話がありましたね。

二ビル惑星の存在も古代シュメール人たちがすでに存在を記録していたとされています。


この奇妙な符号あなたはどう思われますか?

ちなみにNASAは異例のコメントを発表し、二ビル惑星の存在および2012年の終末論に対して何ら根拠のないものだと否定します。

いずれにしてももう数ヵ月後に迫っており1999年のノストラダムスの大予言のように本当かどうか我々の目で確認できますね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。